FC2ブログ
いとゆふつれづれなる日々
プロフィール

いとゆふ

Author:いとゆふ
シルバーの二人暮らしです

年齢とともに菜園は続けることができなくなりましたが
趣味のことや日々の暮らしのれづれを綴ります。

と言いながら3年が経ちました。
その間特に今年に入りパートナーに気持ちや時間をかけないといけない
状態になりました。 
そんなこんなを少しずつブログに書いてみたいと再開しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお昼ご飯事情
 毎日何を食べようかと悩むお昼御飯です
我が家はI男さんの希望で45年ぐらい前から麦ごはんを食べています。
お昼も麦ごはんを食べたがります。お腹に一番収まるようです。
それに本人は麦ごはんさえ食べていれば最高に身体にいいと思っています。
ご飯を食べるということはおかずが必要です。
うどん・そば・スパゲッティ・焼きそば・etc・・・お昼の定番ですよね!
そういうものと無縁の生活を送っています

          今日のお昼御飯です。
写真00011         タンドリーチキンとゆで卵と野菜のグラタン
材料 タンドリーチキン(昨日の残り)ゆで卵
   トマト・エリンギ・ほうれん草・アボカド
   ピザ用チーズ
   豆乳
1・タンドリーチキンとゆで卵は1.5㎝かくぐらいに切る。
2・エリンギは縦に7mm位にスライス・トマトは8等分位冷凍のほうれん草とアボカドをボールに入れ少し塩と胡椒をしてラップをかけ電子レンジに600で2分かける。
3・その中にタンドリーチキンとゆで卵・豆乳を入れて混ぜ合わせる。
4・グラタン皿に入れチーズをのせてオーブントースターで焼く。

写真00012       エノキとしめじと小松菜とあげの煮びたしすりごまかけ
1・鍋にめんつゆを入れエノキ・しめじ・小松菜・油揚げ(すべて冷凍していたもの)を入れて蓋をして中火で2分位煮る。 
2・ふたを開けて煮汁を飛ばしながら2分位煮て火を止める。
3・盛り付けてすりごまをかける

鍋に入れたところです。
写真00013 

 これの材料はすべて家で冷凍したものです。
エノキは長さ5,6ミリに切り冷凍する。
しめじは房を切り離して1本ずつにして冷凍する。
小松菜は洗って2,3センチに切り冷凍する。
すべてジップロックに入れて冷凍します。 
油揚げは繊切りかみじん切りにしてサランラップで包み冷凍する。

最近は葉物野菜やキノコは1度に使いきれないので冷凍しておきます。
葉物野菜は味付けして沸騰したところに入れ1,2分煮ます。
小松菜などもすぐに柔らかくきれいな緑色に仕上がります。
インスタント味噌汁にも葉物を入れて熱湯を注いで食べます。



写真00014

キノコは冷凍してからのほうが出汁がよく出るので水から入れて煮ます。
時短にもなり緑黄野菜も手軽に取れるようになりました。
また駄目にして捨てることもほとんどなくなりました。
市販のものもほうれん草・ブロッコリー・むき枝豆・アボカドなど使っています。
野菜を気軽に取れるような気がします。

            www88_31.gif p_today100_33_3.gif

スポンサーサイト
2015年最初のブログです
2015年始まってあっという間に31日になりました
がんばって1ヶ月1回更新したいと思います
毎年一日は息子たちとお祝いをします 私の作ったおせちとお嫁さんの作ったのと持ち寄りです
毎年しんどいなーと思いながら美味しいと食べてお持ち帰りもしてくれるのでがんばっています
お嫁さんも私が作らないレシピを待ってきてくれるので楽しみです
2日は私の親族との食事会20数名が集まりわいわいがやがやとすごします
母がいるときからなので40年以上は続いているでしょうか 幼児だった子が今は親になっています
いつまで参加できるかなーと思う今日この頃です

今日は数の子のレシピを紹介します
我が家でも数の子はI男さんしか喜んで食べません
それも年々食べる量が減って長い間残ります
いつも上等の数の子をいただくのでもったいないと思っていました
今年NHKのお正月料理のテキストで酒粕漬けを見つけました
余り好きでない私でもとても美味しく食べられました
その後大量に数の子を頂きそれは普通の商品でしたが粕漬けにしたところやはりワンランク上ぐらいの美味しさになっていました
差し上げた人たちにも好評でした


☆数の子の酒粕漬け
写真00002


材料
塩数の子 80~100g
酒粕   300g

A調味料
みりん  大匙2
砂糖   大匙1
荒塩   小匙1/4

塩・酒

作り方
1・数の子は薄い塩水に3時間~4時間つけます 一度食べてみて少し強めに塩が残っている程度がいいと思います
2・表面の薄皮をきれいに取り水洗いして酒少々を振り水気をキッチンペーパーでふき取ります
3・酒粕は耐熱容器に入れて湯をカップ1/2いれラップをしてレンジ600wにやく1分かけます
このとき固ければ湯を足してもう10秒ずつぐらいかけて柔らかくします
4・柔らかくなったらAの調味料を入れてよく混ぜます マヨネーズぐらいの固さがいいと思います
5・保存容器に1/3量を広げガーゼを広げ数の子を乗せガーゼをかぶせて残りの酒粕をかぶせ蓋をします
冷蔵庫に入れ4から5日で食べられます 1~2週間置いても美味しく食べられました
この作り方は本の作り方を参考に自分流にしています
ガーゼは面倒くさいとラップに1本づつ包んでみましたが見栄えも悪く洗うと味が落ちるのでやはりガーゼのほうがいいとおもいました 出来上がりもきれいです




写真00001
保存容器に漬けたところ

残った酒かすはお魚などもつけられるとのことです
今年はおせちに間に合わなかったので来年はこれも加えようと思っています
ぜひ皆様もお試しください


毎日寒い日が続いています
ニュースを見ていると雪国の方今年の冬も本当に大変と思います
どうぞお身体に気をつけてお過ごしください






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。